第301回 陽子線治療で小児がん治療

投稿日:2017年4月24日

昨年の4月から、小児がんに対しての陽子線治療が保険診療の適応となりました。

40年前に大学病院で放射線治療を行っていた時です。
その大学に著名な小児外科の教授がおり、たくさんの小児がん患者さんの治療をされていました。  

小児がん治療は、総合芸術のような治療です。
手術、抗がん剤の治療が主ですが、それらに放射線治療が加わることがあります。

当時、この大学病院の放射線治療医は私一人で、たくさんの症例に携わらせていただいたことを思い出します。

その中の一人に、放射線治療を併用した小さな男の子がいました。
彼は、私の息子の同級生のお兄ちゃんであったこともあり、今でも鮮明に覚えています。
今は東京で元気に働いているということを、先日息子から聞き、嬉しくなりました。

 

これからは、より身体に優しい陽子線治療を小児がんに応用する時代が訪れます。
小児がん専門の外科医や小児科医とのチーム医療になります。
幸い、鹿児島大学のチームとは良い関係が作れそうです。

また、当センターでは海外からの小児がん患者さんの治療も積極的に行っております。
今年に入って、13歳男児の治療を行いました。
彼の滞在中の様子については、以前のこばなしをご覧ください。

第290回 60羽の折鶴
http://ameblo.jp/ptrc/entry-12245061295.html

小児がん治療に対して陽子線治療を行う場合、一緒にチームを組む他科の先生の要望を聞き、治療にあたらなければなりません。
身体が小さく、弱く小児に対しての治療は本当に繊細です。

当センターでは、様々な難治性のがん治療を行っているため、膨大な治療ノウハウが蓄積されています。
これらのノウハウが、小児がん治療にも活用され、優しい治療を提供できていると感じています。

引き続き、小児がん治療の分野でも「幸せな医療の提供」を行い、一人でも多くの笑顔を作り出していきたいと思っています。

関連記事