第42回 不思議な病気がん:がん患者になる

投稿日:2019年2月25日

多くのがん患者さんは、「がん」と宣告されるまでは、がん が体内にあったとしても普通に生活をしています。

検査を受け、「がん」と宣告された日から、「普通の人」から「がん患者」になってしまうのです。

 

 

人間は、心と体からできています。

 

転んで血が出たような場合、体に傷はできますが、心に大きな影響はありません。

 

一方、がん はどうでしょう。

がんの告知を受けた患者さんを見ていると、その前後で心に強く影響があることが分かります。

 

体に「がん」があったとしても、そのことを知らない時は普通に生活ができますが、心が「がん」を知ることで生活が一変します。

 

近年、がん治療の進歩で、がんは治る可能性が高い病気となりました。

 

しかし、体の「がん」が治った患者さんの中には、心の「がん」を持続する方がたくさんいらっしゃいます。

心の「がん」 は、人間を常に不安な状態にさせます。

 

私は「ネガティブ思考」「くよくよ思考」は、大きな“がんの危険因子(リスクファクター)”であると考えています。

「がん」への執着心を取ることは、がんの治療にとって非常に重要な心の治療です。

 

「再発や転移が起こるのでは」「それはいつごろだろう」などと考え、常に未来に対して不安な考えで生きることを止めるよう、患者さんにアドバイスをしています。

 

不安の90%以上は起こらないと言われています。

起こってほしくないことが起こったときには、主治医とともに解決できる方法を考えれば良いのです。

 

未来の医療は今よりも進んでいます。

 

不安な気持ちで未来を想像する代わりに、私は患者さんに、「一日を楽しく生きること」を勧めています。 

さあ、今日も楽しく生きましょう!

 

関連記事