第22回 ノンアルコールビール

投稿日:2018年5月14日

時々、診察時に患者さんとお酒の話をします。

放射線治療の影響を減らすには、治療期間中の飲酒をやめるのが原則です。

 

ただ、なかなかお酒をやめられない人もいます。

 

そのような患者さんには「ノンアルコールビールに代えたらどうですか?」とアドバイスしています。

アドバイスを聞いて、禁酒する人や週末だけの飲酒に変える人が増えました。

 

それでも止められない人がいます。

そのような患者さんには、正直に報告してもらうようにお願いしています。

 

飲んだからと言って咎めたりすることはありしません。

ただ「少し影響が強めに出るので、できれば控えて下さいね」と、念押しで付け加えます。

 

 

ノンアルコールに代えた患者さんには「どうですか?」と聞いています。

 

ある患者さんからは「まずいけど我慢して飲んでいます」と言う答えが返ってきました。

 

まずいと聞いて「そうだったかな?」と思い出そうとして、気づきました。

酒好きの私は、ノンアルコールビールを一度も飲んだことがありません。

 

そこで帰宅途中のスーパーでノンアルコールビールを2缶購入しました。

 

毎日飲酒をしている人間が、ノンアルコールビールを受け入れられるのだろうか。

少し不安にはなりましたが、患者さんへのアドバイスのためにも飲まなければと思い、飲んでみました。

 

飲んだ感想です。

 

ノンアルコールですが、これはビールです。

久しぶりに飲むビールです。

 

ビールは太るからとこの数年ほとんど飲んでいなかったのですが、暑い日に飲むビールは最高です。

「ビールだ、ビールだ」と思いながら、あっという間に2缶飲んでしまいました。

 

 

焼酎や日本酒、ワインを飲んだあとの酔った高揚感はないのですが、ノンアルコールビールを飲んだ後も、なんとなく楽しくなりました。

また、アルコールが入っていないので眠れないのではないかと思っていたのですが、いつも通り21時から熟睡してしまいました。

 

私は、酒好きだと思っていましたが、実はアルコールはどうでも良い体質かもわかりません。

 

 今後も「患者さんのために」研究を続けます。

関連記事