第9回 チーム医療

投稿日:2017年11月27日

兵庫県立粒子線医療センターの院長時代、多くの医師、技師、看護師、薬剤師、事務員が私の部下として働いていました。

カンファレンスや会議を通して彼らと接する中で「どのようにチーム医療を行なっていくか」が、私のテーマになりました。

この時代には、年頭の挨拶で今年の目標を伝えていました。

 

指宿では、「幸せな医療の提供」をすると宣言し、それぞれのスタッフに「幸せ」について考えてもらっていました。

 

明和キャンサークリニックでは、管理職から、直接患者さんにも触れる立場に戻り、チーム医療の一員としても考えるようになりました。

 

いずれの施設もすばらしい装置を設置しています。

それらの装置を維持管理し、自由に使いこなせるチーム作りをしてきましたし、今でも改善を繰り返して続けています。

 

 

以前紹介したカズンズの本を読んでからは

「良い医療には患者さんとの協働作業が必要」であることを学びました。

 

それからは患者さんに「あなたも、あなたの病を治すためのチームの一員であること」を伝えています。

 

治そうとする医療側の努力(治す気持ち)と、治ろうとする患者さんの努力 (治る気持ち)が一緒になってこそ、最良の医療が提供できます。

 

これからも、患者さんとの協働作業を通して、より良いチームでの「幸せな医療」を提供していきたいと思っています。

 

(写真:先日の北京公演にて)

関連記事