第80回 2020年の思い出

投稿日:2020年12月29日

2020年も残り数日となりました。

 

今年はコロナの話題がつきない1年となり、医療関係者にとっても大変な年となりました。

私も医療関係者ですが、良い思い出もあります。

 

 

 

まず、温熱療法を開始して1年半が過ぎ、ようやく慣れてきました。

1年以上治療を継続している患者さんも十数人となり、想像していた以上に効果の出る人もいて、温熱療法の可能性を感じています。

 

治療の相談も随時受けていおり、相談者の話をよく聞き、適切な治療法、治療施設をアドバイスしています。

私の専門分野でもある陽子線治療が適応になる方には、指宿のメディポリスや、関西の施設も紹介しています。

紹介した方の中には、治療後に温熱療法を希望する方も多く、その後の経過を見ていますが、陽子線治療後の温熱療法は相性が良いように感じています。

 

 

最近、私のブログを見て診察に来られた方が続きました。

その方たちは、温熱療法の患者さんでしたが、ブログを読んで下さっているので、私のがん診療に対する考え方も理解されていました。

細々とブログを書いている者としては、診察時に「ブログを見てきました」と言われると嬉しくなりました。

 

このような感じで、2020年も有難いことに楽しく仕事ができています。

 

2021年の年末には、もっともっと良い思い出を書けるような、素敵な年にしたい、そのような世界になって欲しいと願いながら、筆をおきます。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

|

カテゴリー:

タグ:

関連記事