第75回 夏休み

投稿日:2020年9月7日

8月最後の週に夏休みを取りました。

毎年、夏休みにはハワイに行っていたのですが、今年はコロナ騒動でどこにも行けず、神戸でじっとしていました。

ただ、じっとしているだけでは面白くないので、1週間「ハワイ気分」で過ごすことにしました。

 

ハワイでは、朝起きると一人でワイキキビーチやヨットハーバーをウォーキングしていたので、今年は海沿いのメリケンパークやハーバーランドをウォーキングしました。

ウォーキングから帰ると、ハワイではシャワーを浴びていたので、同じようにしてからアロハシャツを着ました。

 

ハワイでの1週間、昼食は家内と二人でアサイボールを食べるのが通例となっています。

これを神戸でも実践するために、ネットで神戸のアサイボールのお店を探しました。

数件見つかりましたので、ハワイらしいお店に行きました。

 

 

夏休み初日は土曜日だったので、小学生の孫娘が付いてきてくれました。

この日私が着用していたアロハは、40年前の古いアロハです。

お店の店長は、ハワイのことを良く知っており、私の着ているアロハを見て、触って、「今の時代にはないアロハですね。これは凄い!」と言ってくださり、嬉しくなりました。

 

2日目以降も、ネットで調べたアサイボールのお店に通い続けるつもりでしたが、ホノルルで食べるアサイボールの大きさと比べ、小さくおなか一杯になりません。

そこで、時々ハワイでも食べていたパンケーキとロコモコのお店もネットで調べ行くことにしました。

 

結局、アサイボールが3日、パンケーキが3日、ロコモコが1日になりました。

 

 

夏休み6日目の午後にホノルル動物園に行った気分で王子動物園に行きました。

象を見ているときにすごい雨が降り出し、大きな樹の下に避難しました。

これもハワイのスコールを思い出し、ニヤリとしました。

 

 

雨がやみ、空を見上げると、ハワイでは虹がかかるのですが、そこまで上手くはいかなかったようです。

 

動物園に行った日以外の午後は、ステイホームで、読書を楽しんだり、のんびりと過ごしました。

 

この生活を1週間行ったところ、朝から昼にかけてはハワイ気分を楽しめた夏休みとなりました。

毎年ハワイに行っていると、ハワイ時間と日本の時間が違うのに気がつきます。

 

日本での1週間は、あっという間に過ぎ去るのですが、ハワイ時間はゆったりしており、1週間が長く感じます。

これは、ハワイの特徴だと思い込んでいたのですが、今回「ハワイ気分」で1週間を過ごしてみたら、同じようにゆっくりとした1週間を過ごすことができました。

 

大切なのは、「場所」ではなく「気分」なのかもしれません。

これからは、あくせくするより、少しゆったりした「気分」を大事にします。

 

最終日には、定番のチョコレートを買い、病院の皆への「ハワイ気分」土産です。 

 

関連記事