第73回 これからの社会

投稿日:2020年6月22日

新型コロナウイルス感染症により、多くの変化が起こりました。

今回のブログで、私なりにまとめます。

 

 

 

(1)患者さんや付き添い

病院に来る患者さんや付き添いの方たちのマスク着用、手洗い、手の消毒が当たり前になりました。

今までも推奨されていましたし、消毒用アルコールも備え付けられていましたが、徹底されるには程遠かったように思います。

 

 

(2)マスク

病院の医療従事者はもちろん、通勤電車や街中でも、ほとんどの人がマスクをしています。

マスクを着用していないと言うだけで、注目の対象になることもあるようです。

 

 

(3)批判から感謝へ

マスコミやSNS上には、どんなことに対しても批判をする人たちがいます。

今回の騒動でも多く見られましたが、その中から「批判だけではだめだ」という声が上がってきて、批判ではなく感謝をする風潮になってきています。

 

 

(4)オンライン

孫たちが、家からオンラインで勉強をしている姿を見て、すごい時代になったもんだと驚きました。

大人の仕事もオンライン。私の学会もオンライン。テレビ番組でもコメンテーターがオンライン。オンライン診察も一気に認知されました。

「オンライン」がこれから、より当たり前の時代になりそうです。

 

 

(5)テレビ番組の変化

視聴率優先のワイドショーなど、ネガティブな番組を数多く目にしました。

ネガティブな言葉は、刺激的ですが、聴き続けるととても不快な気分になります。

不快な気分を感じた視聴者は、番組離れを起こし、結局、回り回って自分たちの首が閉まっているようです。

一方で、笑えたり、前向きな気持ちになれる番組も増えてきたように感じます。

 

 

(6)教育

教育の現場が変わっていくように感じます。

帰宅後に手洗いうがいや、毎日お風呂に入る習慣など、元々清潔な日本人でしたが、これ加えて、感染予防の大切さを学びました。

また、医療の前線で頑張っている人への感謝の気持ちを示したりと、思いやりを教育される子供たちが、社会をより良い方向に変えてくれることを期待しています。

 

 

(7)私自身

私が生きてきた中で、全世界の社会にこれ程まで大きく影響を与えた出来事はありません。

生活様式の見直しから、人との関わり合い、働き方など、色々なことを考えさせられました。

 

私の親戚、数十人が参加するLINEグループ(通称:いとこ会)でも、世代を超えて元気が出るメッセージ(面白い映像など)の交換がたくさん行われました。

今までになかったやりとりで、微笑ましく感じていました。

 

 

 

全ての人が、今回の騒動で大きな影響を受けました。

いまだに大変な思いをしている方も少なくないでしょう。お気持ちお察しします。

子供たちも例外では無く、孫たちの夏休みも随分と減るようです。

 

今回の騒動を皆で乗り越えて、より良い世界になりますように。

まずは出来ることをコツコツと。手洗いうがいは引き続き頑張ります。

 

 

関連記事