第67回 リゾート滞在型医療を受けられた患者さんの声

投稿日:2020年2月24日

前回は、メディポリス国際陽子線治療センターのリゾート滞在型医療についてご紹介しました。

今回は、実際の患者さんの声を紹介します。


1人目:関西からこられた女性

指宿に約3週間滞在していた彼女は、巡回バスを利用して、指宿市内に行くことを日課としていました。お買い物や食事を楽しまれていたそうです。

また、ご家族や知人が代わる代わる訪問され、枕崎や知覧、少し足を伸ばして霧島までと、治療の合間に南薩を中心とした鹿児島観光を楽しまれていました。

治療が終って、関西に帰る前に鹿児島が大好きになりましたと言った彼女の笑顔が印象的です。

 

 

2人目:中国地方からこられた男性

9週間の滞在の為、自家用車に乗ってセンターにいらっしゃいました。

奥様と一緒に滞在され、治療の合間に鹿児島県内の観光地を全て回られたそうです。

奥様と一緒に滞在することで、精神的にとてもリラックスして治療を受けられているようでした。

 

 

3人目:関西からこられた男性

9週間の滞在となりましたが、滞在最後の週末に奥様と屋久島へ行かれました。

(指宿市からは、屋久島に向けて高速船が出ており、約75分で到着します)

治療終了後、「滞在はどうでしたか?」と質問した所、笑顔で退屈やったよ~と回答されました。

 

 

 

「毎日観光に行く」「退屈だった」という言葉は、「頑張る必要がなかった」と言う、 陽子線治療への最高の褒め言葉だと受け取っています。

関連記事