第41回 不思議な病気がん:思考停止

投稿日:2019年2月11日

がんは、不思議な病気です。

多くの人はがんになると思考が停止します。

 

例えば、転倒して足をケガした場合。

傷口からひどく血が出ていると、『その血を止めて傷を治さなければ…』と考え、病院に行きます。

適切な治療を受け、治ってしまえば病院に通う必要はありません。

 

一方、がんになったらどうでしょう。

 

TVや雑誌などで、がんで亡くなる人の報道が年がら年中されている時代です。

「がんですよ」とお医者さんから言われると、

「死ぬかもしれない」と患者さんは直感し、頭の中は真っ白になります。

 

「ほっといたら死んでしまう! 急がなくては!」と。

 

 

しかし、一番大事なことは、急ぐことではなく「考える」ことです。

がんの勉強のため講演会に来られている方に、最初にお伝えしていることは、この「考える」という事です。

 

考える!考える!です。

 

 

まず始めに考えていただきたいことは、ずいぶん前から体の中に「がん」があったであろうと言う事実です。

実際、がんの多くは、気がついた時から遡って数年前には体内にできています。

 

そこに気がつかなければ、思考は停止したままです。

「すぐ治さなければ」と焦れば焦るほど、考えることができません。

 

逆に、その事に気がつけば、思考停止が解除され、考えられるようになります。

 

現在、多様ながんの治療方法が確立され、立派な専門病院が全国各地にあります。

まず、よく考えることが重要です。

 

 

自分で考えられなければ、セカンドオピニオンの制度を使い、別のがんの専門医に相談に行く事を考えて下さい。

もちろん考えた上で、がんであると最初に診断した先生が良いとなれば、その病院での治療を選択して下さい。

 

考えて治療を受けるのと、考えないで治療を受けるのでは、治療後の納得感に違いが出ます。

 

納得できる治療を受けるためにも、がんだと言われたら考える習慣を身につけましょう。 

 

 

考える!考える!考える!

 

関連記事