第29回 ハワイでの講演

投稿日:2018年8月20日

7月中旬に、ハワイで講演を行いました。

 

 

メディポリス国際陽子線治療センターは、海外からの患者さんを積極的に受け入れ、治療を行う為にJCIの認証を得ました。

JCIについては、認証までの苦労を含めて、以前に書き記していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

こばなし 第115回 JCIに認証されました

https://ameblo.jp/ptrc/entry-11629836593.html

 

JCIとは、Joint Commission Internationalの略で、国際病院評価機構の事を指します。

これは海外で治療を受けるアメリカ人が増加した事に伴い、1997年に設立されたもので、「患者を中心とした高品質のケアと治療」に焦点を当てて規格されています。

「米国人が自国以外の医療機関で医療を受ける場合、その病院は高い技術と安全性が確保されているのか?」と言うことを独自の基準で評価している機構です。

 

メディポリスでは、JCI認証を取得していますので、米国人がセンターに来る場合の第一のハードルはクリアされていると考えています。

ただ、センターでどのような治療を行なっているかを知っていただかなければ、問い合わせもありません。

 

 

兵庫県立粒子線医療センターが治療を開始した2001年当時、兵庫県内も含めて多くの医師、患者さんたちは、陽子線治療や重粒子線治療のことを知らない状況でした。

そこで院長であった私は、婦人会、老人会など各種団体の集まり、医師会、県の老人大学などにお願いし、どこにでも出て行き、新しい治療の話を続けてきました。

その結果、次第に患者さんが増え、従来の治療と違う面も経験していただけるようになりました。

 

今回のハワイでの講演は、十数年前に兵庫県で、粒子線治療という新しい治療を知っていただくために、あらゆるところへ出向いて行なっていた講演と良く似ていると感じています。

 

当時とは異なり、治療が確立され、効果もはっきりと出ているので、講演としては楽です。

これから何度かハワイを訪問し、ハワイからの患者さんの受け入れを進めていきたいと考えています。

 

関連記事