第17回 治療の最初だけではなく

投稿日:2018年3月5日

今回はあるがんの手術を受けて、10年が経った患者さんの話です。

 

術後、手術を受けた病院でずっと診て貰ってきたのですが、

最近になって他のがんの腫瘍マーカが上がってきた為、その病院の内科でエコー検査をうけたら、ステージ4の状態で発見されました。

 

 

それを知り、すぐに東京の友人の医師の元に行き、意見を聞いたそうです。

その後、その医師の著書に私も分担執筆していたものを目にしていたこと、ご本人が1年前に私の講演を聴き、講演終了後に私と名刺交換をしていたこと、私が関西に拠点を移したことと等、色々な条件が揃い、私の元に奥様と二人で訪ねて来られました。

 

既に訪ねてこられた週の週末に、今かかっている病院でCT検査をされることが決まっています。

そこで次のように話しました。

 

1)CT検査後、担当医から病気、病状について詳しい説明があると思います。まずはよくそのお話を聞いてください。

 

2)化学療法を中心とした治療方法が決まったら、その治療を受けるのが良いと思います。

 

3)3ヶ月ほどたち再度検査をして治療方針の見直しがされる際、紹介状を書いてもらって再度相談に来てください。

 

4)その結果を踏まえ、陽子線治療をも含めたアドバイスをします

 

ステージ4と診断された場合、治療のステップごとに結果をチェックし、次の作戦を立てることが重要です。

このような場合にも必ずセカンドオピニオンを利用して下さい。

 

 

色々な治療法が確立されている現在では、それぞれの治療法の専門化が進んでいます。

治療の最初だけではなく、途中でも他の専門家の意見を聞き、必要があれば、方針を柔軟に変更することが大切です。 

関連記事